特定調停と任意整理との違い

特定調停と任意整理との違い

特定調停とは、借金の返済が滞り始めた債務者の申し立てによって、簡易裁判所がその債務者と債権者との話し合いを仲裁して返済条件の軽減などの合意を成立するように働きかkて、債務者が借金の整理を行って生活を立て直せるように支援する制度になります。

 

特定調停は、任意整理と似ている制度で、債権者がこれまでの取引履歴を開示し、借金をした当初までさかのぼって利息制限法の上限金利による引き直し計算を行います。改めて計算することで借金が減額され、その元本を元に分割して返済していくことになります。特定調停と任意整理は似ていますが、大きな違いとしては時期などが異なります。

 

任意整理は弁護士が債務者の代理人として債権者と和解交渉を行う私的な整理方法に対して、特定調停は簡易とはいえ裁判所が仲介役となって債務者と債権者の和解を成立を支援をするという公的な手続きとなっています。

 

どちらも申し立てを行えば債権者からの取り立ては一時的に停止します。ただし、任意整理の場合は弁護士に依頼することによって直ちに取り立てが停止するのに対して、特定調停の場合は裁判所に申し立てを行わない限り取り立ては止まらないとされています。

 

調停を申し立てるには、申立書や関係権利者一覧表、財産の状況を島メス明細書が必要となってくるため、取り立てが止まるまでには相当な時間がかかってしまうケースも多いです。合意が成立すれば調停調書という書面を裁判所が作成します。債権者との合意通りに支払うことができなくなった時には、債権者は給料を差し押さえるなどの強制執行ができるようになります。

 

任意整理の場合は、合意できた場合には和解書という書面が制作されますが、これは判決と同じ効果はないとされています。