自営業者は即日融資できる?

MENU

自営業者は即日融資できる?

自営業者でも、即日融資は受けることができます。ですが、自営業者の人が即日融資を受ける場合には通常とはまた違う書類が必要になってきます。必須の在籍確認では、固定電話に在籍確認の電話がかかってくることになります。自宅での開業をしている場合では、自宅の電話で同様の確認がされるでしょう。

 

申し込みする本人だという確認ができる書類のほか、収入が確認できる書類も必要になります。自営業者の人は前年度分の確定申告書の情報をもとにした書類を提出することになります。そして、すべての消費者金融や銀行で必要になるわけではありませんが、一部の業者では、事業の実態をする書類が必要になってきます。営業許可証や受注書、発注書など様々な書類が要るので、申し込みをするまでの手間がかかることでしょう。

 

色々ありますが、まずなによりも自分がいくら借りているのか、そして利息はどれほどなのか、常に把握しておくことです。多重債務者の方の多くは、自分の借入総額を把握しないまま債務を増大させ、結果的に多重債務者となります。学生の身分でもカードローンが作れる?カードローンを契約するには安定した収入を持った信用がある社会人だけ…という認識は古く、今では学生でもカードローンを利用できる時代になりました。

 

大学生になってからは時間の都合もできて、バイトも高校生の頃の時給850円の頃と比べると、多く貰えるバイトにつく事ができました。時給1400円だった事もあってか、暫く勘違いのセレブ状態でした。バイト代が入るとお金があるからと毎日飲み代や遊び代に使っているとすぐにバイト代は消えてなくなっていました。

 

しかしある月、彼女の誕生日プレゼントに、6万円のネックレスを約束する!と豪語していた事を思い出しました。既に連日の飲み会や遊び代で家賃と食費代しか残っていなかった僕は家にある売れそうなものなどを片っ端から売り払ってお金を作ったものの、まだまだ6万円のネックレスには届きません。落胆しながら家に帰る途中にカードローンの看板を見つけ「もしかしたら借りれるかも?」とダメ元で入ってみました。

 

保険証と学生証を持ってカードローンの審査をうけました。無人機で書類を記入して審査を受けたら10万円まで借りる事ができました。僕はプレゼント代だけ借りたかったので6万円ちょうど借りて、そのお金で彼女に約束のプレゼントを渡せました!返済方法は毎月1回4000円以上の振込をすればいいだけなので、月々の返済は凄く楽でほとんど気にならないくらいです。

 

個人事業主が資金調達するならビジネスローン